40代からの骨格診断に潜む落とし穴

カラー、骨格の診断は、年齢や体型が変わっても結果は一生変わらないと言われています。

骨格診断は3種類に分類され、それぞれ似合うデザインや素材感を知ることができますが、

40代以降の方には 是非ご注意いただきたいことがあります。

それは強く意識し過ぎると痛い人になる恐れもあるのです。

例えば、私の骨格はストレートになります。

似合うスカートの形は、ストレートやタイトスカート。丈感は膝上になります。

でも、この年齢で膝上スカートって言っても、、、

椅子に座ると更に短くなりますし、周りの目も気になり 抵抗感しかありません。

もうパンツしか履けない年齢か、、、

なんてもったいない!

ここで40代以降の方にオススメしたいポイントが2つあります。

①あまり若い人に診断をしてもらわないこと

若いファッションのご提案が多いかなと思います。鵜呑みにして着ていると、結構危険性が高いので、客観的にみてから着てください。

②自分の苦手を知る

私はこれを強くオススメします。苦手を知るのは嬉しくありませんが、ここさえ知っておけば

『苦手を意識するだけでファッションは失敗しない!』

得意を意識するより、苦手を意識してください。こうすることで、ストレスなく好きなデザインや素材、カラーも幅広く選べるので、更にファッションが楽しんでいただけます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。