意外と知らない 似合う服装とは

洋服が似合うという状態は、デザイン、色、質感のそれぞれに関係しています。

「デザイン」は骨格に合っていること

「色」は肌色、髪色、目の色などに調和していること

「質感」は身体に馴染んでいること

これら3つの条件がとても大切になります。

デザインとは、袖の長さや襟の形、スカートやパンツの形などをいいます。

色は彩度や明度の違いによって4つに分類されたパーソナルカラー。

質感はシルクやシフォンなどの素材、またデニムなどの生地の織になります。

骨格診断でデザインと質感が、パーソナルカラーで色が分かるので、知っておくと簡単に自分の

似合うスタイルを完成させられます。

オシャレ迷子の方こそ、是非一度 診断をお試しになってみてくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。